初心者はここからチェック!ネットワークエンジニアとは

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは?

まず最初に、これからネットワークエンジニアを目指す方や、ネットワークエンジニアになりたての初心者の方に向けて、ネットワークエンジニアの仕事内容や収入の目安など、ネットワークエンジニアという仕事の概要をご紹介します。IT系エンジニアは資格を持っていると転職にも有利になることが多いようですので、ネットワークエンジニアにおすすめの資格も紹介します。ネットワークエンジニアは24時間365日、休みなく稼働するネットワークを管理するため、自身が休暇をとるための準備も必要になります。

各テーマ一覧

ネットワークエンジニアの仕事内容 ネットワークエンジニアとは、スイッチング機器を駆使して複数のコンピュータを接続し、ネットワークシステムを作り上げる役職のことです。システムの設計から構築、運用、保守に至るまで全作業を請け負うため、他のエンジニア職とは一線を画す独自性があります。現場で求められる需要度も高く、非常にやりがいのある仕事です。しかもネットワークエンジニアの勉強は語学力を求められるため、IT業界とは縁遠いとされてきた文系出身の方でも参入できる強みがあります。過去の経歴に左右されないネットワークエンジニアは、キャリアアップを目指したい方にお勧めのポジションです。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアはどれくらい稼げるか 数あるエンジニア職の中でも比較的稼ぎやすいと評判のネットワークエンジニア。果たしてどのくらいの給料を得られるものなのでしょうか?ネットワークエンジニアの平均年収は、社内での役職や雇用形態によってピンキリです。ベンダーの正社員なら400~600万円程度の年収を見込めますが、派遣社員の場合は300万円を割り込むこともあります。ネットワークエンジニアとして高年収を実現するためには、実務経験を積んで仕事の活動範囲を広げることが重要です。ステータスの高い資格を取ることでも給料アップのチャンスを得られますし、思い切って海外の会社で働くという選択肢もあります。

ネットワークエンジニアはどれくらい稼げるか

ネットワークエンジニアがしっかり休暇を取るために 基本的にネットワークシステムは24時間365日フル稼働し続けています。自分が現場を離れている間に何が起きるか分からないため、ネットワークエンジニアは休暇中の対策も事前に考えておく必要があります。手っ取り早いのは、信頼できる同僚に運用・保守を委任することです。その際にも、起こりうるトラブルとその対処策をメモ書きしておくなど最低限のアシストはしておきましょう。どうしても仕事を完全に忘れることが出来ないという方は、現場とすぐに情報交換できる連絡用ツールを携帯しておくと良いでしょう。プライベート用とビジネス用の連絡先を分けておけば混同せずに済みます。

ネットワークエンジニアがしっかり休暇を取るために

ネットワークエンジニアにおすすめの資格 自分の実力を簡単に示せる資格を持っておくと就職・転職活動で役立ちます。ネットワークエンジニア向けの資格はたくさんありますが、その中でも「情報処理技術者試験」がお勧めです。国家試験であるため知名度が高いことが理由として挙げられます。ベンダー試験の中では「Cisco技術者認定」が有名です。世界共通基準のため海外でも通用します。難易度が上がると独学も難しくなるため、通信講座を利用すると良いでしょう。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.