設計、構築、運用、保守がネットワークエンジニアの仕事内容です

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容

IT業界の求人情報に目を向けると、「システムエンジニア」や「ネットワークエンジニア」といった役職名を多々見かけます。傍目にはどのエンジニア職も同じような仕事に思えてしまいますが、それぞれ担当分野は全く異なります。就職・転職してから後悔しないためにも、各エンジニア職の具体的な仕事内容をしっかりチェックしておくことが大切です。ここでは、システムエンジニアと対比しながらネットワークエンジニアの特徴についてご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。


ネットワークエンジニアの業務内容

ネットワークエンジニアとは、その名の通りネットワークシステムの設計・構築・保守を担当するエンジニアのことです。ルータやハブ等の機器で複数台のコンピュータを連結させ、相互に情報を交換することのできる環境を作り上げます。なお、実際に接続工事を行うのは配線業者であり、エンドユーザーにとってネットワークエンジニアは縁の下の力持ち的な存在にあたります。
しばしばシステムエンジニアと混同されがちですが、プログラミング言語を使用して「コンピュータシステム」を設計するシステムエンジニアと「ネットワークシステム」を管理するネットワークエンジニアでは分野が異なります。ネットワークエンジニアの仕事は、プロジェクトに携わる複数の労働力を結びつける重要なものであり、大変やりがいがあります。

ネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムに関する専門的な知識を求められます。TCP/IP、無線LAN等の通信方式、Ciscoルータ、Catalystスイッチなどのスイッチングテクノロジーについても習得しなければなりません。各種サーバを専門に扱うサーバエンジニアという役職も存在しますが、ネットワークエンジニアはサーバに関する基礎理論もある程度身につけておくべきです。ちなみに、就職・転職の際には、CCNA、CCNP、CCIEなどのベンダー資格が重宝します。
一方、システムエンジニアの場合、プログラミング言語を筆頭にITに関する幅広い知識を求められます。「これさえ勉強しておけば良い」という特定の分野が存在しないため、学習には多大な時間を要します。

ネットワークエンジニアは出身学部不問!

IT業界は理系出身者の就職・転職先というイメージが根強いですが、ネットワークエンジニアなら文系であろうと理系であろうと参入のチャンスがあります。理系の論理的な思考が重要になるのは当然ですが、最新のネットワークテクノロジーの参考文献は大抵英語で記述されており、学習の際には語学力が必要になるからです。
やる気さえあればいくらでもスキルアップを実現できるネットワークエンジニアは、非常に魅力的なエンジニア職と言えるでしょう。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.