良い仕事をするためにはネットワークエンジニアにも休暇が必要!

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアがしっかり休暇を取るために

ネットワークエンジニアがしっかり休暇を取るために

ネットワークエンジニアは、社内インフラに関わる重要な業務を担当しています。とはいえ、プロのエンジニアといえども人間である以上休みを取らないわけにはいきません。時には仕事を忘れて羽を伸ばすことも必要です。しかし、万一ネットワークシステムの保守をつかさどるエンジニアが現場を離れている間に不測の事態が発生したら大変なことになるのでは…。悪いことを考え出すと、あまりの不安でおちおち休めなくて困ってしまうことも少なくありません。そんな時のために、現場で役立つエンジニアの休暇対策をご紹介いたします。このテクニックを覚えておけば、安心してネットワークエンジニアの求人にも応募できることでしょう。


対処法をメモに書き出しておく

一番確実なのは、何と言っても留守中の自分の仕事を職場の信頼できる同僚に託すことです。自分の代わりに対応してくれる人間がいれば、安心して現場を離れることが出来ます。けれども、不慣れな人間が完璧にプロの代役をこなすのは非常に困難です。そこで、考えられるトラブルを事前に想定しておいて、その対処策をメモ書きしておきましょう。新規アカウントを作ってシステムへのアクセス権を用意しておくのも重要です。ネットワークシステムのリブートやファイル整理など、手間がかかりそうな作業はあらかじめ自分でやっておき、可能な限りのアシストをしておくと代理人も気が楽でしょう。

スケジュールを調整する

ネットワークシステムの保守のために定期的に行わなければならない作業がいくつか存在します。どうしても他の人に任せるわけにはいかない場合、その作業のスケジュールそのものをずらすという手があります。たとえば、バックアップ期間は数日程度遅延させても全く問題ありません。休暇の前日にフルバックアップを行っておいて、あとは代役に簡単な差分バックアップを任せるのも良いでしょう。
いずれにせよ、ネットワークシステムの運用に支障が出ないように配慮することが絶対条件です。

連絡用ツールを携帯しておく

本来自分の担当すべき仕事を放置すると気が咎めて仕方がないという責任感の強い人は、いっそのこと休暇中にも現場のスタッフと連絡を取れるように携帯電話やタブレット等のツールを持っておきましょう。この方が、むしろ精神的ストレスの軽減になる可能性があります。大手の会社の中には、仕事用の電話・通信料金を個人負担せずに済むサービスを実施している所があります。もし自分の在籍している会社がこのプランを導入しているのであれば、ためらうことなく積極的に活用しましょう。最低限、日頃からプライベート用の連絡先とビジネス用の連絡先は分けておくように心掛けておくべきです。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.