気になるネットワークエンジニアの年収チェック

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアはどれくらい稼げるか

ネットワークエンジニアはどれくらい稼げるか

IT業界の求人で稼げる仕事をお探しなら、「ネットワークエンジニア」がおすすめです。ネットワークシステムの構築や運用をつかさどるネットワークエンジニアは、あらゆる業界で求められる貴重な人材。転職活動時にも非常に有利であり、高年収を実現しやすい役職といえます。それでは、ネットワークエンジニアは実際どのくらいの報酬を得ているのでしょうか?ネットワークエンジニアの年収相場を見ていきましょう。IT業界に興味のある方はぜひ参考にしてください。


ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの年収は、雇用形態や役職によって大きく異なります。派遣の場合、その平均年収は400~500万強が一般的です。契約社員の場合は500万円を超えることもありますが、常用型派遣のネットワークエンジニアの中には年収が300万円にも満たないケースもあり、大きな差があることが一目瞭然です。大手企業に在籍している正社員の場合、平均年収は400~600万円程度。課長クラスの役職につくと、年収が700~800万円にアップする可能性があります。ネットワークエンジニアも一般のサラリーマンと同様、社内で昇進を目指すことが極めて大切であることがよくわかります。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアの仕事は社内インフラの構築そのものであり、非常に重要度の高い存在です。セキュリティーの問題上、簡単に外部委託するわけにもいかない側面もあり、将来にわたって安定した仕事を確保できる強みがあります。代替のきくプログラマは低賃金でこき使われやすい立場にありますが、ネットワークエンジニアなら常に特別な立ち位置でプロジェクトに携われます。仕事にやりがいを求める方にとって、理想的なキャリアパスといっても過言ではありません。

収入アップを狙うなら

ネットワークエンジニアとしてさらなる飛躍を目指すなら、実務スキルを磨くことが非常に重要です。特に、スキルの証明アイテムでもある「資格」は強力な武器になります。最近では特定の資格を所有しているか否かによって採用の可否を決定する会社も増えており、資格の取得は急務といえます。中でも、シスコシステムズ社のCCNAやCCIEなどステータスの高い資格を取得すると、一気に年収が倍増することもあります。ぜひ空き時間を有効活用して学習を進めたいものです。
また、働く拠点を日本から海外に移すという手もあります。外資系企業の給料や待遇は日本の会社より圧倒的に充実しており、容易に高年収を実現できます。その分転職のハードルが高いので、実務スキルだけでなく語学力やコミュニケーション能力などの素養を磨くことも大切です。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.