ネットワークエンジニア必見!今おさえるべきネットワーク関連キーワード

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

最近のネットワークに関するキーワード

最近のネットワークに関するキーワード

ネットワークエンジニアの求人に応募するのは簡単ですが、就職・転職は人生におけるゴールではありません。この業界で長く活躍していくためには、トレンドを予測する先見の明が求められます。そこで、今後のIT業界の展望を予想する上で重要になると思われるキーワードをいくつかピックアップしてみました。ネットワークエンジニア必見です。


スマートデバイスの普及

一つ目のキーワードは、「スマートデバイス」です。ここ数年スマートフォンの人気が急激に高まっており、今やその普及率はガラケーをも上回るほどのレベルに達しました。特に30歳代以下の若年者の間では、スマートフォンの所有率が50%を超えています。
また、パソコンの購入を検討したことのある方の半分以上がタブレットを購入しているというデータもあります。今後のIT業界では、スマートフォンやタブレットなどの持ち運び可能なスマートデバイスが主流になっていくことは確実視されています。従って、ネットワークエンジニアもこれらのスマートデバイスに対応したネットワークシステムを構築する必要があります。
現行のスマートデバイスは、有線LANではなく無線LANでインターネットに接続するタイプのものがほとんどです。無線LAN技術はもちろんのこと、BYOD(個人所有のモバイル端末を業務に利用する制度)の整備も企業にとっての課題といえるでしょう。

セキュリティの重要性

二つ目のキーワードは、「セキュリティ」です。スマートデバイスが普及すれば、それを狙った悪意あるサイバー攻撃も急増します。最近では企業のコンピュータに不正アクセスして個人情報を流出させる事件が非常に問題視されています。ファイアウォールに代表される従来のゲートウェイ監視システムだけでは防ぎきれないほど高度な手法が用いられているからです。テクノロジーが進歩するにつれて、残念ながらハッキングのレベルも向上してしまうのです。
まさにいたちごっこの関係であり、IT業界に携わるエンジニアとしては絶対に避けて通れない戦いです。ネットワークエンジニアは、安心してユーザーがスマートデバイスを利用できるネットワーク環境を整備する必要があります。そのためにも、TCP/IPなどの基本的な通信方式から暗号化技術に至るまでネットワークテクノロジー関連の幅広い知識が求められるでしょう。

クラウドサービスの台頭

三つ目のキーワードは、「クラウド」です。スマートデバイスが普及し、セキリティ強化がより一層重視されるようになれば、自社サーバの管理に多大な手間がかかるようになってしまいます。企業にとってこれは由々しき問題です。この事態に対応するために、OSやアプリケーションをネットワーク上に置くクラウドサービスを活用する会社が増える可能性があります。VPN(Virtual Private Network)やVDI(仮想デスクトップ)のテクノロジーもしっかり習得しておいた方が良いでしょう。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.