過去の常識は通用しない。セキュリティ強化はネットワークエンジニアの最大の課題

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

セキュリティ向上の重要性

セキュリティ向上の重要性

IT業界でエンジニアとして働くなら、ネットワークシステムのセキュリティに関する問題を無視することはできません。ハッキングという言葉を聞くと、自分には関係のないことのように思えますが、悪意あるハッカーはネット上のどこにでも潜んでいます。例えば、就職・転職活動時に重宝される求人情報サイトは、ハッカーにとってはおいしい個人情報の塊です。不正アクセスによって会員の情報を引き出し、悪用しようと画策する者がいても何ら不思議ではありません。ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムの設計や保守の際に、セキュリティの信頼性も常に計算に入れる必要があります。そのためにも、主流になっているサイバー攻撃の手法について日頃から関心を持つことが大切です。


今やあらゆる企業がサイバー攻撃の標的に

悪意あるハッカーの中には、個人ユーザーだけでなく、企業を標的にしている者も少なくありません。2011年頃からサイバー攻撃は悪化の一途をたどっており、発生件数も右肩上がりに増えています。しかも、Yahoo!やNTT、Adobeといった信頼性の高い大手企業までもがハッカーにより不正アクセスされてしまいました。ソニーの大規模な個人情報流出事件は世界を震撼させました。
ハッカーはほとんど無差別にサイバー攻撃を続けており、次はどの業種の企業が狙われるのか全く予想できないのが実情です。相手はプロ顔負けの専門知識を持っており、非常に巧妙なテクニックで攻撃を仕掛けてくるのですから厄介極まりありません。「まさかうちは狙われないだろう」などと気を抜く事は許されないのです。

サイバー攻撃の手口

近年のサイバー攻撃は、様々なネットワークテクノロジーを複雑に組み合わせており、驚くほど高度です。膨大なデータを駆使した「パスワードリスト攻撃」や「標的型攻撃」だけでなく、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどの古典的な手法を用いることもあり、容易に対策できないように趣向が凝らされています。ウイルス対策ソフトをインストールしておけば大丈夫と思うのは大間違いです。

ネットワークエンジニアに求められるもの

サイバー攻撃を防ぐためには、最新鋭の機器を導入しなければなりません。しかしそれには高額のコストがかかるため、設備投資費に予算を回す余裕のない中小企業にとっては頭を抱える問題です。ネットワークエンジニアは、サイバー攻撃の被害を最小限に食い止められるように、限られた予算の中でネットワークシステムを組むスキルを求められます。HTTP、TCP/IPなどの通信プロトコルから、暗号化、認証技術まで、幅広いセキュリティ技術を習得する必要があります。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.