これからのネットワークエンジニアに求められる自動化スキル

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアの自動化スキルとは

ネットワークエンジニアの自動化スキルとは

ネットワークエンジニアの求人に関心のある方は、既存のネットワークテクノロジーだけでなく、「自動化スキル」についても学習を進める必要があるかもしれません。ネットワーク機器製造企業・ジュニパーネットワークス社に在籍しているジョナサン・デイビッドソン氏は、「ネットワークテクノロジーは将来的に自動化に向かうであろう」と大胆な予想を打ち出しています。果たして、ネットワークシステムを自動化するとはどういうことなのでしょうか?その詳細を見ていきましょう。


ネットワークシステムの自動化とは?

従来、ネットワークシステムはルーターやハブなどの通信機器を組み合わせることで構成されてきました。しかし、これらの機器の役割をソフトウェアによって制御すれば、ネットワークを仮想化することが可能となります。これがSDN(Software-Defined Networking)のコンセプトです。ECサイトを例に挙げて考えてみましょう。ECサイトでは、毎日何百何千という数の売買が成立しています。数日周期で新商品を掲載する必要もあり、ネットワークシステムの管理は極めて重要です。ところが、ネットワークシステムを自動化すると、すべての手続きが全自動で行われるようになります。わざわざネットワークエンジニアが手作業で修正する必要もなく、非常にスピーディーです。

ネットワークシステムの自動化がもたらす変化

ネットワークシステムの自動化は、企業に様々な恩恵をもたらしてくれます。ヒューマンエラーを防ぎ、システムを常に完璧な状態に維持できるのがメリットの一つ。そしてもう一つのメリットは、人件費の削減です。管理者はソフトウェアの使い方を最小限知っていればいいので、わざわざ大勢のネットワークエンジニアを雇う必要がなくなります。数年後にはネットワークエンジニアの数が半減しているのではないかという声も聞かれます。これは、ネットワークエンジニアにとっては死活問題です。自分の担当分野をコンピュータに取られてしまったら、社内での自分の立場が危うくなることは確実です。もはやネットワークエンジニアは用済みの存在なのでしょうか?

ネットワークエンジニアが目指すべき方向性

ネットワークシステムの自動化技術が普及すれば、ベンダー同士の競争がより一層激化することが予想されています。ただでさえネットワークシステムは敷居の高い分野。初心者でも扱えるオープンソースソフトウェアを開発しなければ、時代の流れに取り残されてしまうからです。エンジニアも同様。ネットワークエンジニア自身も自動化スキルを習得しなければ、企業のニーズに対応できなくなります。時代の変化に鋭敏に対応できる柔軟性を磨きましょう。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.