ネットワークエンジニアである管理者自身のプロフィールを紹介します

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

管理者プロフィール

管理者プロフィール

ネットワークエンジニアである私自身の経歴とプロフィールをご紹介したいと思います。今の職場で落ち着くまでは失敗と苦労の連続でした・・・。今これを読んでいる方が私と同じ失敗にはまらないよう、参考にしてもらえればと思います。


専門学校卒でIT企業に入社したものの

情報技術系の専門学校を卒業し、地元を離れて首都圏の小さなソフトウェア開発会社に入社しました。その頃は自分はプログラマになるもんだと思い込んでいました。そして新人研修を受けた後、現場デビューしました。ここまでは良かったんです。その小さなソフトウェア会社は地道に自社開発を進めていたのですが業績不振が続き、お決まりの派遣出向業務に手を出しました。ドナドナ生活の始まりです。

つらかった出向の日々

ベテランプログラマは出向先でもそれなりの待遇でプログラミング業務に就けていたようですが、私は入社1年未満で、限りなく未経験者寄りのプログラマでした。当然、出向先ではプログラマらしい仕事はさせてもらえず、短い期間でプロジェクトごとに出向先が変わり、どの出向先でもドキュメント管理、ヘルプデスク、テスター要員などにあてられました。
この間、約2年半。職務経歴上見栄えするものもなく、事実上、業務経験も、技術らしい技術も身につくことはありませんでした。23歳の誕生日を迎えた頃、このままじゃまずい。と思うようになりました。

転職するも、失敗に終わる

IT専門学校を卒業してるからすぐに転職先は見つかるだろうと思い、ちょうどその時の出向先の出向期間が終了するタイミングでもあったので、とりあえずその会社を辞めました。そして何とかシステム会社に入社することができたのですが、入社後の配属先は「営業部」でした。プログラマ募集の求人で、プログラマとして入社したはずだったのに、営業部。「数ヶ月後に新規プロジェクトが始まるからそれまでの間、会社のことを勉強するつもりで営業を」という説明を受けて、営業として働き始め、新規プロジェクトは立ち上がらないまま1年がたちました。

3度目の正直

そんなタイミングも運も悪い私の職歴でしたが、2社目で営業で外部の人々と関わったことは結果的に功を奏すことになりました。営業先の社長さんから、社内エンジニアが不足しているんだけど、という声がかかったのです。もうプログラマじゃなくても、ITに関われるなら何でもいいというような気分でいた私は、その話に飛びつきました。それがネットワークエンジニアとしての最初の一歩になりました。社内SEとしてネットワーク設計業務を担当し、基礎から独学で勉強しなおし資格も取りました。やってみたらプログラミングよりも性に合っていたようです。

ネットワークエンジニアの将来性

私はまだしばらく今の会社で経験を積むつもりでいますが、ネットワークエンジニアの求人案件などは時々チェックするようにしています。私の職歴でネットワークエンジニアになれたのは偶然のたまもので、極端な例だと思います。そういう意味でも今の会社には感謝していますし、社内SEとして自分が貢献できることを追求していきたいと思っています。それと同時に、ネットワークエンジニアとしての自分自身のキャリアアップについてもしっかり考えていきたいと思っています。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.