転職成功のための、ネットワークエンジニア求人事情

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

ネットワークエンジニアの転職求人事情

ネットワークエンジニアの転職求人事情

プログラマなどIT系エンジニアの実質定年は35歳などという説もあり、若い方が重宝されるというイメージがありますが、ネットワークエンジニアの場合は少し事情が違うようです。ネットワークエンジニアには「豊富な経験」と、「その経験で蓄積したノウハウ」が重視される傾向にあるため、30代以降の中堅エンジニアを求めている求人が多く見受けられます。ネットワークエンジニアの転職には年齢が壁にならない反面、実務経験と能力をいかにアピールできるかが成功のポイントになります。

各テーマ一覧

転職のタイミング 転職するなら、そのタイミングに細心の注意を払うべきです。最近では徐々に人事採用の年齢制限が形骸化しつつありますが、高齢になると若い社員とのコミュニケーションが難しくなり、転職活動時に不利になることは否めません。キャリアアップを目指すなら、20~30代を一つの目安と考えるべきです。しかし、職場に不満があるからと言って短期間に転職を繰り返すのはご法度。入社してもすぐに辞めてしまうのではないかと勘ぐられて、自分の立場を危うくすることになります。転職動機をしっかり検討し、自分の人生にとって意義のある転職を実現しましょう。

転職のタイミング

面接でよく聞かれる質問 ネットワークエンジニアの面接に臨む際には、聞かれやすい質問の傾向とその対策を事前に練っておくことが大切です。面接官に聞かれやすいのが、「貴方はどのくらいの範囲のネットワーク技術領域を処理できますか?」という質問です。会社としては有能な人材が欲しいので、こちらの実務スキルを尋ねているのです。第4層まで担当できると回答したいところですが、くれぐれも嘘を言うのはやめましょう。また、「貴方の好きなコマンドを教えてください。」など、答えの無い質問を投げかけられることもあります。自分の性格や発想力を調べる質問なので、あまり考え込まず自由な発想で回答しましょう。

面接でよく聞かれる質問

熱意を伝える逆質問テクニック 面接試験に受かるためには、何よりも自分の熱意を面接官に伝えることが大切です。その際に役立つのが、面接の終盤に設けられた「逆質問」の時間です。気になることを面接官に逆に質問することで、自分のやる気を効果的にアピールすることが可能となります。「御社の一日の業務の流れを教えてください。」など、出来るだけ具体的かつ話を膨らませやすいテーマを質問のネタにするのがポイントです。ただし、金銭や残業時間など待遇に関わるような生々しい話題は極力避けた方が無難です。下手をすると自分の印象を悪くしかねないので注意しましょう。

熱意を伝える逆質問テクニック

外資系企業に勤めていたAさんの転職体験談 外資系企業でネットワークエンジニアとして働いていたAさんの話です。Aさんは勤めていた外資系企業が合併したことにより転職を意識しはじめ、その後転職活動を開始。最初はすぐに転職先が見つかると思っていたAさんですが、実際にはそうは進まず、精神的に追い詰められてしまいました。しかし、そんなAさんも無事、転職を成功させた1人です。一体どうやってAさんは転職を成功させたのか、その体験談を紹介します。

外資系企業に勤めていたAさんの転職体験談

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.