ネットワークエンジニアに最適な転職のタイミングとは?

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

転職のタイミング

転職のタイミング

ネットワークエンジニアとして実績を積んでいくうちに、様々な理由で転職を意識するようになることがあります。より良い環境で働きたいと考えるのは社会人として当然の欲求です。多少のリスクは伴いますが、チャンスがあるなら前向きに行動したいものです。ネットワークエンジニアが転職するならいつが良いのか、そのタイミングについて考えてみましょう。


転職に最適な年齢とは?

年齢を基準にして自らの転職活動を分析してみるのは大切なことです。一昔前まで転職業界では、30代後半になったら採用にこぎつけるのが難しくなるという「35歳限界説」が一般的でした。しかし最近では年配の方の社会経験を評価する企業も増えてきており、必要以上に年齢を意識する必要はないと言えます。とはいえ、人事担当者の中には、職場のメンバーとのなじみやすさが懸念材料となり、あまりにも高齢の転職活動者は採用しづらいと考える方も少なくありません。本人の立場にしても、年下の上司にあれこれと指導されるのはあまり気分の良いものではないでしょう。職場を変えるのであれば、できるだけ早いほうが良いに決まっています。
入社してある程度の実務経験を積んだ年齢、20~30代の時期を転職のタイミングの目安にしてみると良いでしょう。特に正社員にこだわるのであれば、やはり30代のうちに行動したほうが無難です。

必ずしも転職で全てが解決するわけではない!

日経平均の回復に伴い、業界内で一種の転職ブームが巻き起こりつつあります。同じ仕事をするのであれば、少しでも給料の高い職場で働いた方が得です。けれども、転職したからといって必ずしも年収がアップするとは限りません。新しい職場の査定方式次第では、転職したことでかえって年収が下がってしまう可能性もあります。
給料の金額は実務スキルのレベルに左右されます。そしてそのスキルを習得するには、どうしても時間がかかってしまうものです。職場を変えると、せっかく蓄えた仕事のノウハウがすべてリセットされることになります。転職は良いことばかりではありません。転職を始めるなら早い方がいいといっても、焦るのは禁物です。

転職動機をしっかり検討しよう

入社して数年周期で職場を転々としている方がいますが、短期間で転職を繰り返すのは好ましくありません。「この人を採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と人事担当者に勘ぐられてしまうからです。給料に納得できない、上司と馬が合わない、仕事が面白くない…、人はいろいろな理由で転職を意識しますが、それは本当に職場を変えるに相応しい動機でしょうか?会社ではなく自分自身の心がけに問題があるのではないでしょうか?
転職したくなったら、まずは自分の転職動機を第三者的視点で見つめ直してみることも大切です。キャリアパスのために絶対に必要な選択だと判断できる時のみ、自信を持って行動に移しましょう。決意が固まったその時こそ、転職に最適なタイミングなのです。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.