ネットワークエンジニア転職成功のための逆質問テクニック!

転職で、稼ぐネットワークエンジニアになる!

熱意を伝える逆質問テクニック

熱意を伝える逆質問テクニック

面接試験の終盤に差し掛かると、「何か質問はありますか?」と逆質問の機会が与えられることがあります。その時、「特にありません。」と無下に返すのは厳禁。やる気のない人だと見られて採用が不利になってしまうかもしれません。せっかく求人に応募したのですから、逆質問は有効に活用すべきです。自分の熱意を伝える上で役立つ逆質問のコツをご紹介しましょう。せめて3~5個くらいは準備してから面接に臨みたいものです。


会社の内情を尋ねる

採用決定後の入社までの日取りや業務の流れなどを尋ねるのは効果的な逆質問です。具体的なイメージを描こうとすることで、「この人は本気でうちの会社で働きたがっているのだな」と印象付けることが出来るからです。用意していた質問を投げかけるだけでなく、相手の返答を聞いて気になることがあったらどんどん質問の幅を広げてみましょう。話を膨らませることがコミュニケーション力のアピールにもつながります。

企業のベクトルを確認する

その会社が求めている人物像を尋ねてみるのも効果的です。「私の〇〇の資格を活かせる業務は何でしょうか?」、「御社に貢献するためには、どんなキャリアを伸ばしていけばいいでしょうか?」などの質問を投げかけてみると、「この人は自分の将来像に関心があるのだな」と印象付けることが出来ます。向上心の強い人材は高い成長性を見込めるため、人事担当者は興味を惹かれることでしょう。
なお、一方的なアピールを繰り返すと自己主張がくどくなってしまうので、適度に空気を読みながら逆質問することが大切です。

避けるべき逆質問

確かに逆質問は自己アピールの点で有利なテクニックですが、何でも質問すればいいというわけではありません。触れてはいけない話題に触れてしまうとかえって印象を悪くしてしまう恐れもあるので、いくつかのポイントに注意しながら事を進めましょう。
まずは、あまりにも生々しい質問は避けるべきです。給料の金額や残業の有無などは労働者にとって非常に気になる問題ではありますが、福利厚生の話題ばかりを持ち出すと、仕事の内容よりも待遇を重視して会社を選んでいるように見えてしまいます。最悪、社会人としての素養まで疑われかねません。
また、イエス・ノーで回答できるような簡単すぎる質問も避けた方が無難です。せっかく意気込んで投げかけた質問が「はい」や「いいえ」の一言で片づけられてしまったら、話がそこでストップして気まずくなってしまいます。
面接官にも頭をひねってもらえるような趣向を凝らした質問を考えておきましょう。シンプルな質問にしても、尋ね方を変えるだけで良い逆質問になる場合もあります。

Copyright © 2015 ネットワークエンジニア求人進化論 All Rights Reserved.